スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

愛の確認


昨日は、青年会でした。
ずっと分かち合ってきたヨハネ伝も最終章となり、
ヨハネ伝21章のイエス様とペテロの会話の箇所から分かち合いを持ちました。


彼らが食事をすませると、イエスはシモン・ペテロに言われた、「ヨハネの子シモンよ、あなたはこの人たちが愛する以上に、わたしを愛するか」。ペテロは言った、「主よ、そうです。わたしがあなたを愛することは、あなたがご存じです」。イエスは彼に「わたしの小羊を養いなさい」と言われた。
またもう一度彼に言われた、「ヨハネの子シモンよ、わたしを愛するか」。彼はイエスに言った、「主よ、そうです。わたしがあなたを愛することは、あなたがご存じです」。イエスは彼に言われた、「わたしの羊を飼いなさい」。
イエスは三度目に言われた、「ヨハネの子シモンよ、わたしを愛するか」。ペテロは「わたしを愛するか」とイエスが三度も言われたので、心をいためてイエスに言った、「主よ、あなたはすべてをご存じです。わたしがあなたを愛していることは、おわかりになっています」。イエスは彼に言われた、「わたしの羊を養いなさい。
よくよくあなたに言っておく。あなたが若かった時には、自分で帯をしめて、思いのままに歩きまわっていた。しかし年をとってからは、自分の手をのばすことになろう。そして、ほかの人があなたに帯を結びつけ、行きたくない所へ連れて行くであろう」。
これは、ペテロがどんな死に方で、神の栄光をあらわすかを示すために、お話しになったのである。こう話してから、「わたしに従ってきなさい」と言われた。



ここでとても恵みなことは、
イエス様の質問の「愛するか?」の愛と
ペテロの答える「愛する」の愛の原語が違ったことでした。

 
続きを読む >>

at 12:15, osakamanmin, 黙想(QT)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

情熱。








心をつくし、精神をつくし、思いをつくし、力をつくして、主なるあなたの神を愛せよ。
マルコ12:30




at 16:29, osakamanmin, 黙想(QT)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

自分の十字架を負って








だれでもわたしについてきたいと思うなら、
自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。
自分の命を救おうと思うものは、それを失い、
わたしのため、また福音のために、自分の命を失う者は、
それを救うであろう。

マタイ16:24-25




at 16:22, osakamanmin, 黙想(QT)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

足跡(NEW)









イエス様が私を背負って下さることが当たり前になっていないか。
自分は何も頑張らずに、すべてイエス様に愛に甘えて、
自分の犠牲すべきところを、イエス様や他の人たちに押し付けていないか。
考えさせられました。

私の頑張る分は、私が頑張らなければ。

行いによって救いを得ることは、絶対に無いけれど、
主の救いを受けた者は、喜んで働き、
喜んで犠牲するはずですよね。

感謝しながら、高い山を主につながって
越えて行くはずですよね。



信仰も、それと同様に、行いを伴わなければ、それだけでは死んだものである。
ーヤコブ2:17



at 22:13, osakamanmin, 黙想(QT)

comments(0), trackbacks(0), pookmark

私は行く





わたしは誇り高き交わりに加わっている。
さいは投げられた。もう後へは引けない。
私は一歩踏み出したのた。
心は決まった。私はイエス・キリストの弟子になるのだ。

わたしはもう振り向かない。
力を抜かない。歩みを遅くしない。
後へ引かない。じっと立ち止まることもしない。

わたしの過去はあがなわれた。
わたしの現在には意味があり、
わたしの未来は保障されている。

程度の低い妥協的な生き方はもう辞めた。
見えるものに頼る生き方、
すべすべのひざ、
色あせた夢、
鎖につながれたビジョン、
この世的な話、
安っぽい施し、
ゆがめられたゴール。

わたしの目は向くべきところに向いている。
わたしの足取りは軽い。
ゴールは天国にある。
道は狭く、険しい。
同行者は少なくとも、案内人は信頼できる。

わたしの成すべきことは明らかである。
わたしは黙らない。
あきらめない。
力を抜かない。

イエスのために生き続ける。
祈り尽くす。
犠牲を払いきるまで。

わたしは行かなければならない。
 主が来られるまで。

捧げなければならない。
 倒れるまで。

伝えなければならない。
 すべての人が知るまで。

働かなければならない。
 主が私を止めるまで。

そして、主が来られる時、
私を探し出すのに苦労はしないだろう。
私の旗印は明らかだから。

ーアフリカの若き殉教者の言葉






at 15:27, osakamanmin, 黙想(QT)

comments(0), trackbacks(0), pookmark