スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

クリスチャンだからできること。





本の中で、このような記事を見ました。

****

あるクリスチャンが新入社員としてある会社に入社しました。
その人は、礼拝を守ることがクリスチャンとして重要なことだと信じていたので
まず、上司に、「私はクリスチャンなので、日曜日は出勤できません。
それと、水曜日も礼拝があるので残業はできません。
お酒もあまり好みませんので、飲み会の席なども出来れば遠慮させて頂きます。」
と、話したそうです。

上司は、彼にこのように答えました。
「あなたが熱心なクリスチャンで、出来ないことがあるのは分かりました。
では、あなたがクリスチャンで、出来ることは何ですか?」


****


読んだ瞬間、はっとさせられました。
重要なことだと思います。

私たちは、この世で生きながらいつの間にか、
クリスチャンだからあれも出来ない、これも出来ないと、
出来ないことばかりに気を取られて、
神の人として、本当に身に付けなければならない姿を見落としがちです。

日本では、まだまだ神を知っている人は多くありません。
私たちの周囲にいるほとんどの人々が、ノンクリスチャンです。
家族や、友人、仕事仲間、、、、、、

彼らと接する時に、
私たちの「クリスチャンとしての意思表示」も、大事かもしれません。
ずるずると、人間関係を優先して、
神様との関係を第一と出来ないのは神様の求めておられることではありません。

でも、神様の望んでおられることは、
神との関係だけを大切にして、他の人間関係はどうでもいい、
ということでもないのです。

イエスは言われた、
「『心をつくし、精神をつくし、思いをつくして、主なるあなたの神を愛せよ』
ーマタイ22:37

「自分を愛するように、あなたの隣人を愛せよ。」
ーマタイ19:19


クリスチャンだから、あれもこれも出来ないと、
色々なことを切り捨ててしまって
それを神様をよく知らない人たちに押し付けてしまうのは、
決して良い証しにはなりません。

なんだ、クリスチャンなんて自己中心的なだけだ。
と、思われてしまうだけです。
私たちが彼らを切り捨てた分、
彼らもまた私たちを切り捨てるだけです。

かといって、世の者と同じように生きることも出来ません。
どうすればよいのでしょう。


クリスチャンだからできることを探すべきです。」



私たちはクリスチャンとして何ができるでしょう。
この世の人たちには難しくても、
救いを得た私に出来ることがあります。
神様の愛をたくさん受けている私に出来ることがあります。
御言葉で真理を導かれている私に出来ることがあるのです。

それは、小さなことかもしれません。

毎日、笑顔で挨拶すること。
人の嫌がる仕事でもすすんで自分がすること。
何かきついことを言われても、いやな顔をしないで純粋に受け止められること。
小さな手助けを積み重ねること。
何度でも赦せること。
礼拝以外の時間を人の為に十分使えること。
人の為に、ほんの少しのお金を使えること。
人の為に損が出来ること。


そんな積み重ねが、
キリストの香りとなって、人々の中に広がっていく時、
すぐには理解してもらえないかもしれませんが、
やがて、周囲の人たちが、
「だからあの人はクリスチャンなんだね。」と言ってもらえるなら
こんなに嬉しいことはありません。

私はクリスチャンだからと、この世と線を引いてしまって
人々と何の関わりもない者ではなく、
この世の中で、しっかりとキリストの光としての
役割を果せますように。









 

at 16:01, osakamanmin, 毎日

comments(0), trackbacks(0), pookmark

新年!




更新がなかなか出来ないまま、 新年になってしまいました。





改めて、、、
明けましておめでとうございます。

新しい年、神様の祝福が豊かにありますようお祈りします。


神様のなさる業は、本当に私たち人間の想像をはるかに越えるものです。
私たちが「こうなるだろう」「ああなるだろう」と考えていたとしても、
それは神様の考えとは違います。

新しい年、神様がどんな御業を表してくださるのか、
そして、私がどれほど信仰によって、そのご計画に参加することが出来るのか。

神様の喜ばれる者となれますように。






at 12:26, osakamanmin, 毎日

comments(0), trackbacks(0), pookmark

復活主日礼拝。


 
もうすぐ、復活の礼拝を迎えようとしています。
教会では、今週月曜日から毎朝、特別早天礼拝が導かれています。
眠い目をこすって、毎朝みんなが参加しています。

20代の後半頃から、受難の季節になると毎年、
生活の中で人に何か傷つくようなことを言われたり
裏切られたような思いになる、悲しいことがあったりすることが多いと、
感じるようになりました。

ずっと、なぜかなぁと考えていたのですが、
ここ数年、きっと、普段はそのまま自分の意思を通してしまっているので、
何も思わないのだと分かりました。
受難の季節に、「自分を殺す」ということを意識し、考えるので
小さなことでも引っかかり、自分を抑えるのに苦しんだのだと気付かされました。

自分を抑えるって、本当に大変です。
特に、自分が正しいと思っている時には、なおさらです。
でも、神様はいつも、「正しいことを自分で主張するな。」と、私を訓練されます。
正しいことは神様が判断し、神様は時に応じて私を高くされたり、低くされたりするのです。

私は納得がいかないと、神様によく訴えました。
小さなことは我慢できても、数回は我慢できても、それが積み重なったりすると
つい自分が出てきます。
自分が我慢できる部分と、これだけは譲れないという事柄があって、
そこを突かれると自我がまた現れてしまい、苦しかったからです。

でも神様の反応はいつも同じです。
「正しいことを自分で主張するな。」

十字架の道を歩むイエス様の姿は、本当に、正しいお方であられるのに無口でした。
周りの人々の言葉こそが理不尽で、自己中心的で、偽りであったのに、
イエス様は彼らに自分の正しさを主張しませんでした。

そして、イエス様の正しさは、その復活によって証明され、
イエス様は高いところに上げられ、神の右に座しておられるのです。

まだまだ幼い私ですが、自分で自分の正しいことを主張せず、
主が黙りなさいとおっしゃられる時、
静かに黙々と自分の使命の道を歩まれたイエス様に学んで、
自分の歩みを進められる者になりたいと思います。




↓ 復活にちなんだ画像と、子供たちの遊べそうなもの集めました。
  (画像の上で右クリック → 保存してね。)














at 22:21, osakamanmin, 毎日

comments(0), trackbacks(0), pookmark

震災ハンドメイド支援。

 

寒かったり、暑かったり、、
不安定なお天気ですが、体調崩していませんか?

さて、東北地方太平洋沖地震から2年が経ったということで
テレビでも色々と特集が組まれています。

私は、趣味で時々ミシンをしますが
ハンドメイドで震災支援をしている団体を見つけて、
参加させて頂くことにしました。

震災で被災された方々を覚えてお祈りしたり、
教会で献金をしたりありましたが、
何か具体的にお手伝いできることがないかと思いたっての参加です。

被災地の方から、個人的に依頼があって、
参加者からエントリーした人が製作し、お届けするというグループで、
無理なく参加できるので、2年間継続的に支援されています。

大人も勿論ですが、特に子供たちが笑顔になれるようにと、
子供やお母さんの必要なものを中心に製作&発送しています。

ハンドメイド以外にも、切手の寄付など参加できます。
もし、興味のある方がいらっしゃったら、ぜひご覧になってみて下さい。


ハンドメイド支援の会 Bambini 
http://handmadesupportbambini.web.fc2.com/index.html

ブログ http://ameblo.jp/bambini-smile/




at 22:50, osakamanmin, 毎日

comments(0), trackbacks(0), pookmark

アドベント。

 
アドベントですね。
もうすぐ、イエス様のお誕生日。
子供たちは、教会に来るごとにまず自分のツリーに立ち寄って、
お菓子をべリべり剥がしています。

おかげで中々教会の中に入ってきません。笑)
でも、教会に入ってくる顔はとても満足そうです。

完成のツリーの写真がまだ撮れていません。
もうすでに大分時間が経ってしまってツリーが半分くらい禿げてますが、、、、
見たい?フフ。今度機会があれば載せましょう。




簡単だと思っていた、「石鹸デコパージュ」に何気に苦戦している私です。
ペーパーナプキンが破れそうで、、必死。瞬きしないで作ってます。ハハッ。
何事も簡単な事はありませんね。







12月は「救い」について多くを考えます。

救われるってどういうことか?
救いで満たされ、喜んでいるか?
救いと交換できるものはあるか?。。などなど。

やっぱり、何度考えても救いって素晴らしい。
救い = 命 だから。

命に換えられるものは無い。
命以上に大切なものは無い。
命は必ず喜びをもたらす。
命があることに悲しむ人はいないはずだから。

この命に、一人でも多くの人が触れることの出来るクリスマスになりますよう願います。
過ぎ去っていく楽しい時間だけにとどまらず、
死んだような人生に、命の息が吹き込まれる本当のクリスマスを過ごせますように。



at 23:23, osakamanmin, 毎日

comments(0), trackbacks(0), pookmark